1か月で5kg痩せる方法

1か月で5kg痩せる方法

低炭水化物ダイエット

ダイエットでいま注目されている低炭水化物ダイエットについて ご紹介していきたいと思います。低炭水化物ダイエットとは名前通り 炭水化物をで少なくすることにより血糖値の急上昇をおさえて太りにくくすることができます。 ただし、誤ったやりかたをすると逆にリバウンドや体調がおかしくなってしまうので注意が必要です。

低炭水化物の注意点 低炭水化物ダイエットだからといって、全く炭水化物を食べないのは 良くないです。日本人は海外の人に比べて炭水化物を摂る習慣があるので いきなり炭水化物を減らすことは危険です。炭水化物を抜くことによってデメリットも知る必要があります。 まず、炭水化物を一気に減らすことは便秘につながります。出すものが少量になってしまうので 腸の中で一定の量が溜まるまで排泄しなくなります。そうするとからだに毒素が溜まりやすく 肌荒れや内臓に悪影響を及ぼします。ごはんの量はいつもに比べて7割程度が理想です。 低炭水化物ダイエットだからといって一気に抜かないことが大切です。

からだの血糖値を緩やかに上げることにより太りにくく脂肪がつきにくい消化ができます。 まず野菜から食べて次にタンパク質、最後に炭水化物の順にしていくと血糖値がゆるやかに上昇し太りにくいです。 しかし、「この順番を守ろうとするとおかずなしに白米だけ食べることになってしまうのではないか?」と思うでしょう。 なのでまずはじめに野菜をはじめに食べることだけを守れば良いです。おかずとごはんは交互に食べても問題ありません。 継続していくことが大切です。続かないダイエットはリバウンドにつながります。

炭水化物は少量を口の中に含んで口の中でスープになるぐらいよく噛みましょう。 唾液が大量にでて消化を手助けしてくれるのと、よく噛むことによって満腹中枢が刺激されます。